片貝一ノ又発電所(現在開発)

一ノ又谷の砂防堰堤を利用して1秒間に最大0.6m3を取水します。
取水した水は、地中に埋設された延長約530mの水圧管路を経て発電所へ導水し、42.1mの落差を利用して最大190kWの発電を行います。発電後の水は、放水路から一ノ又谷へ放流します。

発電所名片貝一ノ又発電所取水位347.00m
水系及び河川名二級河川片貝川水系 一ノ又谷放水位302.00m
流域面積3.9km2総落差45.00m
所在地魚津市ニケ西平一ノ又地内有効落差42.10m
発電方式流込式水圧管路FRPMΦ600mm L=約530m
出力190kW年間可能 発電電力量約1,400MWh
使用水量最大0.60m3/s 常時0.25m3/s水車型式横軸フランシス水車